糖尿病の予防と合併症への予防にも水素水

働き盛りのころから気になり始める毎年の健診結果ですが、特に生活習慣病は誰にとっても他人ごとではありません。その中でも糖尿病は初期の自覚症状もなく、急に何か悪い症状が出ることもなく、自分自身では気が付きにくいです。じわじわとやってくるのも糖尿病ですが、水素水は糖尿病の予防にも効果的と言われています。体内における糖代謝が順調ではなく異常を起こしていることが、糖尿病になる大きな引き金です。昔ながらの和食から食事は数十年の間に欧米化し、簡単で安くておいしいと感じる食べ物に溢れていますが、過度の砂糖や油に添加物の使用で、少し食べても高カロリーになりやすい面もあります。不自然な食べ物は栄養を体が十分に補えず、体は健康を維持するため本当の栄養を求めてもっと食べるように指示を出すので、さらに食べすぎてしまう負のスパイラルです。エンプティカロリーと呼ばれる、砂糖などの精白した食べ物、栄養素をすべてそぎ落とした白米、過度の食品添加物の過剰な摂取は食べたい気持ちを助長します。日頃の過食や飲みすぎに加えて、現代人は運動不足の人の方が多く、こうした背景があって生活習慣病にかかるリスクは上がるばかりです。普段から過食傾向の場合、すぐに少食にするのはハードルが高くても、飲み物を水素水に切り替えることはさほど困難ではありません。体の中では活性酸素が発生をしますが、すい臓のβ細胞はこの活性酸素に負けてしまいがちであり、傷つけば順調なインスリンの分泌ができなくなります。インスリン分泌が低下をすると、血糖値をスムーズに下げることができません。活性酸素を優位な立場にしてしまうとミトコンドリアまで弱まり、ブドウ糖をエネルギーに変換する作用さえ低下します。ブドウ糖を正常に取り込めずインスリン分泌も減少すれば、糖尿病はピッチを上げて進行をするため油断ができません。そこで水素水を飲む習慣をつけることで、体内の細胞内まで水素が浸透をしていきます。しみ込んでいく水素は勇敢に活性酸素を狙う除去、さらに抑制する仕事で膵臓の負担を軽くします。保護されたβ細胞は健やかな働きをすることができますし、ミトコンドリアの働きも邪魔されることなくできるので、急激な血糖値上昇とはなりません。

トップへ戻る